?

ANA一般カード

2009年7月28日 07:09 | コメント(0) | トラックバック(0)

「15%OFF」 HIGHMOUNT【ハイマウント】 CNタオル地Uピロー BL 【トラベルグッズ】【旅行グ...

 

クレジット機能と電子マネーのEdy(エディ)が搭載されたANAマイレージカードには、4種類のカードが用意されています。

ここでは、その中でも基本とされるマイレージカードである、「ANA一般カード」についての説明を行なっていきます。

ANA一般カードの詳細情報は、入会資格が18歳以上(学生は不可)、年会費は本会員が2100円(税込)で家族会員が半額の1050円(税込)となっています。ただし公式サイト情報では、2009年3月31日までは初年度の年会費が無料となっています。

お得なボーナスマイル情報は、入会時と継続時に1000マイルの獲得(本会員のみ)と、搭乗する毎に区間の基本マイレージに10%上乗せしたマイルを獲得する事が出来ます(家族会員にも適用)。

付帯保険については、海外旅行傷害保険と国内航空傷害保険ともに1000万円が設定され、国内旅行傷害保険は無しです。

ANA一般カードには、3つのブランドが用意され、「VISAカード」と「マスターカード」が三井住友カードの公式サイト、「JCBカード」がJCB公式サイトにて申し込みが可能です。尚、これらはANA公式サイト経由からも申し込みが可能となっています。

利用限度額:VISA・マスター(20~80万円)、JCB(10~50万円)

 

 野島伸司  堂本光一  ルイヴィトン  エルメス
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

マイレージの簡単な説明
このサービスは、航空機を頻繁に利用する乗客向けの優遇制度の事を言い、乗客確保と促進を目的としているサービスです。簡単に言うと、お買い物のポイントカードの様なものですが、「ポイント」とは言わずに「マイル」という言葉を使い差別化しています。
マイレージサービスの入会
マイレージサービスに入会する為には、会員となる必要があります。通常、無料会員登録という形で会員となり、会員専用のカードが発行されます。
航空業界だけではないマイレージサービス
マイルを熱心に貯める人のことを「マイラー」と呼ぶそうです。マイラーには「空マイラー」と「陸マイラー」の2種類があり、航空機を利用する事によりマイルを貯める人を空マイラー、逆にクレジットカードや他の業種との提携により航空機の搭乗以外でマイルを貯める人を陸マイラーと呼びます。
ANAマイレージカード利用の流れ
全日本空輸株式会社(ANA)が提供するマイレージサービスが「ANAマイレージクラブ」です。現在、ネット百科事典であるウィキペディアにも掲載されている程の知名度を誇り、その会員数は1500万人と日本の全人口の11%もの規模となっています。
みずほマイレージクラブカード/ANAの特徴とは
クレジット機能付きANAマイレージカードは、2つの種類があります。その中の一つ「みずほマイレージクラブカード/ANA」は、18歳以上(高校生を除く)が加入可能なカードで、ANAマイレージクラブと電子マネー(Edy)の機能が搭載され、クレジットの最大利用額は60万円となっています。
ANA一般カード
クレジット機能と電子マネーのEdy(エディ)が搭載されたANAマイレージカードには、4種類のカードが用意されています。
ANAワイドカード
クレジット機能・Edy搭載の4種類のANAマイレージカードの一つである「ANAワイドカード」は、「ANA一般カード」の一つ上位のグレードのカードです。機能的には、ボーナスマイル条件や保険の充実度が一般カードと比較して優れており、搭乗する機会の多い人にはお得なカードです。
ANAワイドゴールドカード
4種類のクレジット機能・Edy搭載のANAマイレージカードの一つである「ANAワイドゴールドカード」は、「ANAワイドカード」を更に一段階グレードアップさせたマイレージカードです。
ANAダイナースカード
4種類のクレジット機能・Edy搭載のANAマイレージカードの中で最上級グレードとされているのが、「ANAダイナースカード」です。
ANA カードには学生用もある
ANA カードには、学生用のマイレージカードもラインナップしています。内容は学生用と言えど、クレジット機能や電子マネーのEdy搭載等と充実した内容です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/958

コメントする

このサイトを購読する